黒酢と血圧の関係

黒酢と血圧の関係

黒酢には血圧に良い効果をもたらす成分が含まれていると言われていて、高血圧の予防改善のために黒酢や黒酢のサプリメントを飲んでいる人は多いと言われています。
どのようなメカニズムで黒酢が血圧に働きかけるのか、有効成分についてチェックしてみましょう。

黒酢に含まれる血圧に効果的な成分は?

黒酢に含まれている成分としてよく知られているのは、アミノ酸やクエン酸が挙げられ、アミノ酸は血圧を下げる効果があると考えられているため摂取すると良いと考えられています。
クエン酸は腎臓が老廃物を排出させる働きをサポートする働きを持っていて、血液をサラサラにする効果にも優れています。
黒酢のアミノ酸やクエン酸が血液の流れを改善したり、血液中のコレステロールの値を下げることによって、高くなった血圧を下げることができると言われています。
高血圧の人は、血液がドロドロになっていたり、血管壁にダメージを受けていることも多いのですが、黒酢を摂ることによって血液の流れがサラサラに改善されると血管壁も再び健康を取り戻すことができます。

黒酢を摂ると高血圧の予防改善ができる?

黒酢にはアミノ酸の1種であるヒスチジン、アルギニン、メラノイジンなど血圧に効果的に働きかける成分が含まれています。
その他に酢酸も含まれており、黒酢に含まれている酢酸が体の中でアデノシンと呼ばれる物質に変化することによって、血圧にプラスの効果をもたらすことが解っています。
アデノシンは血管を拡張する作用を持っているので、高血圧を改善し、血圧を自然に下げることができるのです。
逆に低血圧を起こしてしまうことを心配する人もいますが、黒酢は薬剤とは異なり、血圧を正常値に近づけるようにコントロールできる効果があると考えられるため、血圧が下がり過ぎてしまう心配はありません。
高血圧の人でも低血圧の人でも黒酢や黒酢のサプリメントを摂取することによって、血圧が調整されて正常値に近づき、健康的に過ごせるようになると考えられています。


このページの先頭へ戻る