黒酢と疲労回復の関係

黒酢と疲労回復の関係

黒酢には疲労回復効果が期待されているのですが、どのようなメカニズムで疲労を回復させることができるのでしょうか?
酢酸やアミノ酸が含まれている黒酢は、摂取するとこれらの成分が疲労回復にプラスの効果をもたらすと考えられています。

黒酢に含まれる酢酸が疲労回復に役立つ

疲労を感じることがある場合、体の中のグリコーゲンと呼ばれる物質が不足していることが多いとされています。
グリコーゲンは肝臓や筋肉に存在している物質で、炭水化物を摂取した時にエネルギーとして蓄えられており、グルコースと呼ばれるエネルギー源となる物質が不足した時に使われます。
グルコースだけでなくグリコーゲンまでが不足していると、体はエネルギー不足を引き起こして疲労を感じるようになります。
黒酢を摂ると疲労回復に効果があると考えられているのは、黒酢に含まれている酢酸がグリコーゲンを補充するように促す作用を持っているからだと言われています。

黒酢のアミノ酸とクエン酸が持つ疲労回復効果とは?

黒酢はアミノ酸が非常に豊富と言われていて、中でもBCAAと呼ばれる成分をしっかりと摂取しておくことが、疲労回復のサポートに繋がります。
BCAAは運動をしている時などに消費される成分なので、運動前に黒酢を飲むようにしておくとBCAAの働きによって筋肉の疲労回復をスムーズに行うことができるようになるのです。
また、黒酢に含まれているクエン酸は、体の中で変換される時にエネルギーを発生させ、最終的に再びクエン酸に戻るクエン酸サイクルと呼ばれるメカニズムを持っています。
黒酢でクエン酸を十分に摂取しておくと、クエン酸サイクルが整って、効率良く運動することができるだけでなく、疲労回復にも繋がると考えられています。
クエン酸が不足した場合には、エネルギーが消費された時に体が追いついていけず、疲労が蓄積してしまうため、不足を防ぐために黒酢を飲む習慣を持つことは大切になります。


このページの先頭へ戻る